FC2ブログ

*Brog*メニュー**



*訪問者**


**プロフィール**

マロア

Author:マロア
こんにちは!
マロアと申します(*・▽・)ノ

☆このブログについて
VOCALOID関連の創作物を置いていきます。
二次創作につきましては版権元とは一切関係ありません。
⇒詳しくはこちら

ホームページ↓


※作品の無断転載は禁止です。
※2.Pass;maroamusic


★カテゴリ★


⇒活動先*Link⇒


*当ブログへのリンク**

当ブログはリンクフリーです。

バナーはご自由にお使いください。
※直リンク推奨


http://blog-imgs-56.fc2.com/m/a/r/maroa39/maroa-b1.gif

M-aroa*パレット**
URL http://maroa39.blog.fc2.com/

ブロとも申請フォーム


FC2ブログランキング

☆最新記事☆

QRコード

QR

歌詞解説*38.「Memory」

歌詞解説第38弾です。
最終学年夏!アオハル!!爽やか四拍子です。
ブログアクセス4000over記念も兼ねます(笑)



・ ・*:.。. .。.:*・゜゚・*★。.:*:・'゚☆。.:*:・'゚ 。.:*:・'゚☆。.*゚・ ・*:.。. .。.:*・゜゚・**★。.:*:・'゚☆。.:*

「Memory」/作詞作曲:マロア 歌:鏡音リン・猫村いろは

青空の向こうに 僕の思い出を託した
君との記憶は 波間のビンの中
駆け足で過ぎてく 刹那に冷や汗をかいて
来年の今頃に 君は隣にいないんだ

抱えきれない重い感情を 何処までも澄み渡る空に投げる

真っ白な未来に 色を乗せるように
今 想う全てを 紙に描こう
透明なガラス越しに 見える世界は
きっと 今と変わらず輝くから


黄昏の向こうに 君への想いを託した
君との記憶は 木の根の箱の中
真っ白なノートに 心踊り字が踊る
未来への希望と 不安に揺れ動く

こらえきれない熱い感情を 何処までも続いてく空に謳う

真っ黒な思い出に 光を射すように
今 想う全てを 土に埋めよう
消え去ったと思い込んだ 輝く青春が
遠い春の芽吹きと共に 生きるから


はらはら落ちる砂時計 すれ違う想い 泡沫の記憶
紡いでく僕らの時間を 目の前に刻んでく…

真っ白な未来に 色を乗せるように
今 想う全てを 詩に詠おう
永遠に続いてく 途方もない時間に
きっと 今この刹那が 響くから


・ ・*:.。. .。.:*・゜゚・*★。.:*:・'゚☆。.:*:・'゚ 。.:*:・'゚☆。.*゚・ ・*:.。. .。.:*・゜゚・**★。.:*:・'゚☆。.:*

青春時代っていいですよね…私はとっくに過ぎてしまったんですが(笑)
成長途中の想いや感じたこと、その時残さないと勿体ない!
今!瞬間を切り取れ!遺せ!!って感じの歌詞です。

一番は「波間のビン」でボトルメール。あれロマンがありますよね(笑)
サビの「透明なガラス越し」も中の手紙に詰まった想いを指してますが
そこは伝わるか微妙ですね(笑)一応そんなつもりです。

二番は「木の根の箱」でタイムカプセル。あれもロマンが(ry
真っ黒な思い出(黒歴史)を土に埋めて遠い春(未来)の芽吹きとともに
掘り返してこんなこともあったな~~って息を吹き返す…
的なこと考えて書きました(笑)

あと間奏後、砂時計とか泡沫とか個人的にロマンを感じる単語をですね…
メロディ掛け合いして「僕らの」で2声?に戻る。
でラスサビで勢いよくうたって終了!駆け抜けろ~!って感じです。

ピアノと装飾にエレピで爽やか~~な感じで夏っぽく纏めたつもりです。
ブログ4000アクセス超えたのも見てくださる皆様のおかげですm(__)m
これからもこんなかんじで作っていきたいです!

ではでは(*・w・)ノシ

ムシムシあつあつ(;^ω^)

7月になりましたね。
蒸し暑~~い日々が続きますね。

私の方は今月末に今の借家取り壊しによる引越しになります。
今までつかってたちっこいPCラックを捨てて現在机にPC置いているので、
作業スペースが広いです(*'▽')

…で!作業スペースが広くなったし創作思いつかない期間脱して
書きたいテーマも出来たので、曲作りたいんですが、引越し前に
終わらすか、引越し後にやるか迷ってます…どうしよかな…(;^ω^)

とりあえず今回は制作途中の歌詞を一部載せます!…で、あの…
ブログのアクセスカウンターあと少しで4000いきそうなのもあるので、
出来そうだったら今月に曲アップしますが、無理そうだったら
曲は来月に回して4000アクセス記念を先にします!
ってことで途中の歌詞です(・・)つ

◇夏曲(仮)

一番A
青空の向こうに 僕の思い出を託した
君との記憶は 波間のビンの中
駆け足で過ぎてく 刹那に冷や汗をかいて
来年の今頃に 君は隣にいないんだ

(中略)

二番A
黄昏の向こうに 君への想いを託した
君との記憶は 木の根の箱の中
真っ白なノートに 心踊り 字が踊る
未来への希望と 不安に揺れ動く

(略)

…って感じで…最終学年夏!みたいな…アオハル!爽やかポップス!みたいな(笑)
タイトルも一応決めてるのですが一応伏せていきます。
あと一二番通しで一応書けてますがまだ推敲するので伏せていきます…!
Aメロはたぶんこれ以上いじらないので載せちゃいます(笑)

ということで歌詞(途中)でした!
ではでは(*・w・)ノシ
 | ホーム |  page top