*Brog*メニュー**



*訪問者**


**プロフィール**

マロア

Author:マロア
こんにちは!
マロアと申します(*・▽・)ノ

☆このブログについて
VOCALOID関連の創作物を置いていきます。
二次創作につきましては版権元とは一切関係ありません。
⇒詳しくはこちら

ホームページ↓


※作品の無断転載は禁止です。
※2.Pass;maroamusic


★カテゴリ★


⇒活動先*Link⇒


*当ブログへのリンク**

当ブログはリンクフリーです。

バナーはご自由にお使いください。
※直リンク推奨


http://blog-imgs-56.fc2.com/m/a/r/maroa39/maroa-b1.gif

M-aroa*パレット**
URL http://maroa39.blog.fc2.com/

ブロとも申請フォーム


FC2ブログランキング

☆最新記事☆

QRコード

QR

林檎飴と彼岸花

【記事タイトル】+線香花火(単語)を使って夏から秋にかけての歌を作りたい(願望)

ということで(?)、私が今通っている学校はあと1か月くらいで修了して、
それからは各々就活やらなにやら動いていくのですが、
リアルとの兼ね合いでタイミングが出来たら作りたい…ていう自分用のメモです(笑)

線香花火とか、屋台の林檎飴とか、個人的に郷愁感を感じて凄く好きです。
あと彼岸花も、何とも言えない物憂げな雰囲気を醸し出してて好きです(・ω・)
線香花火は残暑、林檎飴は夏祭り、彼岸花は秋の植物…ということで
「残暑お見舞い申し上げます」って感じの和風な歌を作りたいです(笑)

彼岸花の球根には毒があるんですが、そんな感じの綺麗な有毒植物が好きです。
トリカブトとかスズランとか、毒をもって毒を制す…みたいなのが良いなーと(笑)
もっとお勉強が出来てたら薬学部行きたかったくらいそういう話は大好物です。
高校のときは歌ばっかりだったので成績があまり良くなかった…(-_-;

あとは、いつかやってみたかった和風曲ってことで和音階!です!!
あんまり難しく説明するのは好きじゃないのでざっくり説明すると
鍵盤で黒鍵だけ使って曲書いたら大体和風になります(笑)

濃紺の夜空にぽつんと浮かぶ線香花火、片手には林檎飴。
赤色、紅色、、から連想するのは彼岸花。…っていうギラギラした感じじゃない、
しっとり切ない夏の歌を作りたいです。夏~秋にかけて9月くらいを目途にすれば
しっかり就活しつつ息抜きできるかな…と思います!

忙しかったら来年に回すかもしれません(笑)
無理しない程度に楽しんで作りたいと思います。
ではでは(*・w・)ノシ

ユトリとサトリと私。

2月になりましたね。寒くて寒くて寒いですね(((;゚Д゚))
雪は降ってる時より降った後の方が怖いので路面凍結には十分注意してください。
…ってこんなこと言ってる間に溶けそうですが(^^;

ところで少し前、私の中を謎のイライラモヤモヤが占拠してて
お前ら何なんだ!秘めたる左手の力を発揮すんのも面倒くせぇよ!!
みたいな感じになってたんですけど(?)、原因はホルモンバランスの乱れだったようです。

もうすぐ資格取得の為の学絞関連のいろいろ面倒なやつが始まるので、
本格的になる前に戦闘期間(PMS)が終わって良かったです。
PMS期間中は視線で人を殺せる気分になります。気分だけですけど(笑)

そんな私個人のイライラ話はさておき、「ゆとり世代」が別名で
「さとり世代」と呼ばれているのを知っていますか?
やる気はないけど、何か斜に構えてて世の中を悟ったような目で見ている
…そんな姿から名づけられた呼称だそうです。

私はゆとり教育全盛期?の洗礼を受けた世代の一人だし、
何か面白そうなので次の作詞はこれで書こうと思います(笑)
ついでに最近スマホアプリのRPGに嵌ってるので、「ゆとりVS老害」
みたいなガチバトル系BGMみたいな曲を書きたいと思います(酷い)

こんな感じの曲にしたい(2013年4月頃制作の曲)↓

……約2年前…だと……!?(絶望)

…以前と同じじゃつまらないので多分ブラス入れます。
さあ!立ち上がれ若人よ!戦争だ~~!!(ファンファーレ)
バスドラどーん!シンバルぴしゃーん!!みたいな感じにしたいです。
最初4拍子にして間奏あたりで5拍子7拍子あたりの変拍子入れたい(願望)

2月上旬にいろいろ面倒な予定があるので、それが終わったら着手したいです。
って言っておいて予定は未定です。(フラグ)
ではでは(*・w・)ノシ

▼けいけんちが たりない !

最近寒さが一段と増して冬の気候へとじわじわ移行してますね。
寒いのヤダー_(:3」∠)_

…ということで茶番はこれくらいにして(笑)
私の趣味の一つは読書なのですが、最近は専らpixivの二次創作を読んでます。
(それは読書に含めて良いのか…)

本読んでるとたまに創作意欲がグワッてくる作品に出会うのですが、
今回書きたいと思ったテーマがなかなか重いし私自身の経験値が少ないしどうしたものか…
テーマが重いのは割といつもの事なのですが経験値の低さはどうしようもありません。
でも書きたい!けど書けない!気がする!!どうしよう!!!(笑)

ちなみに書きたいテーマは「愛=恋情×劣情÷理性」です。
圧倒的経験値不足………(ノڡ≦;)

===============
▼けいけんちが たりない !
  〉〉 どうする ? 〈〈
‐‐‐‐‐コマンド‐‐‐‐‐
  がんばる
⇒あきらめる
===============

あと比較的どんな歌詞の内容を書こうが恥なんて捨てている私ですが、
この手の内容はどうしても実体験を書けないから解説しにくいなとか恥ずかしいなーと。。
でも劣情と理性のせめぎあいとか(他人事だと)萌えるし燃えるし書いてみたい!!気はする!

ってことでいつか書きたいテーマとして頭の片隅に置いておこうと思います。
いつか書けると良いですね(他人事)

物語を読むと自分で経験しなくても疑似体験?的な感じで人生が豊かになる気がします。
語彙力も増える気がするし、小説読むのお勧めです。Let’s reading~(>ω∂)☆

ではでは(*・w・)ノシ

自分は性格が悪い

ここ半年くらい創作意欲の向上と私自身のダメ人間化が顕著なので、
「暫くがっつり創作するのをやめよう」と決心いたしました。期間は未定。

具体的に何をやめるのかというと『作詞』です。
暇な時間が沢山あるので色々物思いに耽ることが多いのですが、
それを詞として形にするのを暫くお休みしようかな…といった感じです。

これから暫く思った事とか考えた事はブログに吐きだしておこうと思います。
※これが本題です。重い話が苦手な人は全力で逃げてください。
第一回目のテーマは「性格の良し悪しって?」です。私の考える事は相変わらず重いですね。

個人的な結論としては「性格の良い人間なんていない」です。こういう事考える私は性格が悪い。
だって、性格が良いか悪いかの基準なんて人それぞれ違うじゃないですか。
自分自身の性格とか価値観を基準に考えて、それに見合った人を「性格の良い人」
と見做すと思うんですね。私自身がそうだから。
言い換えると「万人が良いという性格を持つ人間なんていない」になります。

「性格が良くない」=「性格が悪い」 ではありません。皆悪くて皆良いんです。
それに周囲の人をみんな「性格悪い」と思ってるとなると色々問題があるので…
というか単純に他者にレッテルをはるのは嫌いなので
基本的に「一番性格が悪いのは自分」だと思って生きています。

他人を「性格悪い」と詰って傷つけたら自動的に自分自身も傷つきます。
「別に平気だし」とか思ってる人は取り返しつかないくらい傷ついてしまったんだと思います。
だって普通は罪悪感とか自己嫌悪とか襲ってくるじゃないですか。
それが無いって事は色々可哀そうな人なんだね。もっと幸せな方向で物事を考えられればね。

とか言って他人を見下している私は性格が悪いです。m9( ゚∀゚`)
自分が一番悪いと思っていれば大抵の事は許せます。
というか複雑な人間関係の中ではある程度の性格の悪さと強かさは必要なものだと考えます。

性格悪くて何がいけないんですか!って開き直ってしまう私は性格が悪いです。
「性格が悪い」がゲシュタルト崩壊してきたのでこの辺でやめておきます。
みなさんも面倒くさい人間社会を強かに生きて行ってくださいね。
こういう話題が比較的平気な方は以前書いた歌詞を読んでみてください(宣伝)
(・▽・)つリンク

お見苦しい話題で申し訳ないです。次はもっと綺麗な話にしたいです。
ではでは(*・w・)ノシ

書きたいテーマのメモ(・w・)

書きたい(歌詞の)テーマはあるのになかなか形にならないので途中経過を投げます。
(ノ>▽<)シ三○三△三三◇☆**<テレテテッテレー♪

※注:全体的にテーマ重めです。

***


■テーマ1:美醜について* ※とりあえず完成

「“綺麗”なものは本当にきれいなのか。」(仮タイトル)

澄んだ湖は死海
荒れ狂う海 混ざるプランクトン
揺らめく汚れた世界に生ける命

甘く優しい存在
その場限りの手が傷を癒すことはない
新たな傷が 古傷を忘れさせる

喰らって 眠って いとなんで “本能”はこうも醜く見える
それらは本当に、“汚い”のか
“綺麗”なものは本当にきれいなのか…



■テーマ2:虐待・兄弟視点* ※未完成

タイトル未定

section1*
きみに咲く紅い華は 確かに“愛”から生まれたもので
苦しみに咽(むせ)ぶきみは 確かに“可哀い(かわいい)”と思った

大切なひとが犯す過ちに ぼくは何も言えないまま
ただ、きみの頭を撫ぜて かわいそうと思う

section2*
愛の代償に 刻まれた痕(あと)
紅く 黒く きみを染める

section3*
痛い、痛いときみは鳴く
無垢な笑顔に全て隠して
きみが描く拙い絵は
いつからそんな色になったのだろう

怖い、怖いときみは泣く
細い腕は ただ“愛”を求めて
いつからか言葉を捨てたきみの喉は
震えて ぼくを音の無いまま詰(なじ)った




***

…暗っ!……重っ……Σ(゚д゚lll)  って感じですね。
そしてこうして字面だけ見ると何か小説ちっくです。小説は途中で飽きるので書きませんが。
歌詞のようなポエムのような小説の出だしのような…メモです(笑)

一つ目は…先日夢をみまして。(就寝時レム睡眠の方)
私の見る夢って、大体凄くカオスで細かい内容はよく覚えていないのですが
夢の中の登場人物(確か美女)が名言(笑)言ってたので起きがけに携帯にメモしました。
そしてそれをポエムチックに纏めました。

曲調はNコンの課題曲的なガッツリ重めの合唱曲をイメージしてるので
多分形になることはないです。お蔵入りです。。重厚な音めんどくさい…
(ノO・)。○(自分では曲書かないので使いたい方がいらっしゃったら使っていいですよ))

二つ目はいつか鏡音さん用に曲をつけたいです。3拍子短調(予定)
でも内容が重すぎて全然纏まらない…(^O^)

某小説を読んでぐわぁっとキタので書こうと思ったのですが構成が決まらないです。
そして無駄に言葉が難しいです(笑)
多分いつかスルっと完成すると思います。いつになるか解りませんが。

マイペースにゆったり作ろうと思いますです(*´▽`)

ではでは(*・w・)ノシ
 | ホーム |  page top